スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷えと生理痛について

朝晩が冷え込んできましたね。
この季節気になるのが、冷えによる生理痛の悪化です。

そもそも生理痛はなぜ起こるのでしょうか?

以前IDRでは、横浜元町女性医療クリニックの関口先生に
生理痛について、お話を伺ったことがあります。そのときの
お話によると…

『生理中の出血により、子宮の収縮がおこります。その収縮が強くあらわれたものが、
生理痛です。冷えやストレスから、血流の流れが悪くなることで、ホルモンバランスが崩れて、
子宮収縮が強くなることで痛みが増す場合もあります。』

生理痛のメカニズムについて ≫続きはこちら

他にも、体質的なものや若くて子宮頸管が狭いことなども
ありますが、冷えによる血流の悪化が生理痛の原因の一つであるようです。

椎名自身は多い日だけ、たまに薬を1度飲むくらいの痛みなのですが、
一度だけ悶絶したことがありまして…
それは生理予定日数日前に海やプールで散々遊んで、
体を冷やした時でした。

その時の生理痛はひどく、薬が手放せなかったです。

もともと冷え症で、特に内臓がひんやりしている体質なので、
最近は貼るカイロなども使っていますが、布ナプ+貼るカイロの
合わせ技で、痛みはほとんどなくなりました。

また血行がよくなったからか、期間も短くなり、楽になりました。

特に寝るとき、ついついお腹や足が冷えがちなので、
ちょっと格好悪くても、パジャマの上着をズボンにINしたり、
腹巻をしたり、気を付けてくださいね。

ちなみに貼るカイロですが、時間がたつと粘着力がなくなり、
スカートからボトッと落ちたりするのが、玉にキズです…(´▽`;)
スポンサーサイト
オンラインショップ
布ナプキン、ジャムウ販売中!
プロフィール

スタッフ椎名

【messege】
IDRアイテムにまつわるストーリー、IDRスタッフのエピソード、女性たちの「デリケートだからこそ、ちゃんと知りたい!」という情報をスポットでお届けしていきます!

ブログ内で検索する
RSSリンクの表示
最新画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。